葉酸は不妊改善に効果アリって本当?

若返り

近年日本では晩婚化やストレスの多い社会構造により、赤ちゃんが欲しくてもなかなか授かれない、いわゆる不妊が大変増えてきています。

人工授精など本格的な不妊治療を行うクリニックに通う女性も多く、精神的・肉体的・金銭的な負担も決して軽くない状況です。

不妊の原因とは

不妊の定義とは、妊娠を望む生殖年齢の男女が1年間、通常の性交を行っているにもかかわらず妊娠しないことで、男性・女性ともに原因となることがあります。

またその原因も人によって実に様々で、ときには複合的な要因で不妊となっている場合もあるため、一概には言うことができません。

女性の不妊については、以下の6つに分かれています。

排卵因子・・・

高プロラクチン血症や多嚢胞など、排卵機能障害によるもの

卵管因子・・・

クラミジア感染症による卵管の閉塞や癒着により、排卵が正常にされなくなるもの

子宮因子・・・

筋腫や子宮内膜ポリープによる着床障害、まれに子宮奇形などによる不妊

頸管因子・・・

子宮頚部の炎症や手術による頸管粘液減少が原因の不妊

免疫因子・・・

免疫異常により抗精子抗体を作りだしてしまうもの

原因不明・・・

不妊全体の1/3を占めると言われる。検査では見つからない原因が潜んでいる。

不妊を改善するには?

女性の生殖機能は人体のなかでも非常に繊細で、ストレスなどの影響を受けやすく、日ごろからケアしてあげなければいけない部分です。

ちょっとしたことでホルモンバランスが崩れ、生理不順になったりすることは、女性なら誰でも1度は経験したことがあるでしょう。

先述のように不妊の原因は本当に人それぞれですから、不妊の疑いがある人はとにかく専門のクリニックで検査してもらい、原因を追究することです。

ちょっとした生活態度を改めるだけでウソのように改善される人もいれば、治療が必要な重大な病気を発見する人もいます。いずれにせよ自分自身の体の傾向が分かれば、対策も立てやすくなりますから、早い段階で一度クリニックに出向いてみましょう。

その後自分自身でできることといえば、体を温めること、ストレスを溜めないこと、運動をすること、飲酒・喫煙は控えることなど生活を整えることです。

葉酸が不妊に果たす役割とは

葉酸にはホルモンの分泌を整え、血流を促進、子宮内膜を強化する働きがあります。

これはすなわち受精卵が着床しやすいベッドを整えてあげることですから、妊娠前から葉酸を継続的に摂取すると着床率が上がると言われています。

また葉酸は胎児の細胞分裂を促し、正常化する働きもあるため、流産につながるような重大な奇形などを防ぐ効果があります。

不妊の主な原因を改善してくれるため、不妊の傾向のある女性は積極的に摂る必要があると言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ